読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PEKOのひとり飲み

身辺雑記。心に移りゆくよしなしごとを飲みながら書いています。

引越しました

移転先は続⭐PEKOのひとり飲みに決まりました。

タイトルはそのまま残しましたが、カテゴリーを大幅にリニューアルしました。

メインBlog、はてなブログ「日曜織り人PEKOの休日」ともども今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m。。

みんなちがって、みんないい@最終回❓

上から読んでも下から読んでも…。。f:id:rimikito:20150817202545j:image
今日は南武線でちょっと遠くまで出張。
以前は毎日乗っていたので、懐かしい♡
帰り道で見つけた今日のご褒美。

🍅トマトたちみんなにそれぞれ名前があるの❤️

思うところあって、このBlogは近日中に引越します。
引越し先はこれから探します。

メインBlog「日曜織り人PEKOの休日」は、はてなブログで続けていきますので、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m。。

座の市、のち「マクベス」@座・高円寺

高円寺はよいところ。
毎月ここに市が立つ。
f:id:rimikito:20150815203659j:image
ちょっと早めに来たので、お昼をここで…。
f:id:rimikito:20150815135436j:image
ところで、何と高円寺にはブルワリーがあるんですって!

高円寺麦酒工房さん。サイトはこちらです。
f:id:rimikito:20150815134233j:image
写真は、グレビアというフルーツビールと、ラフテー。ここ1週間ほど、意識的にお肉をほとんど食べなかったので、ラフテー五臓六腑にが沁みわたる感じです。
美味しいので、芝居を観る前に🍻2杯も飲んじゃったσ(^_^;)

で、何を観に来たのかというと…あの、マクベス」です。シェイクスピアの「マクベス」は言わずと知れた名作ですが、数え切れないほど多くの演出家によって、各々の解釈のもとに舞台化されています。

流山児★事務所30周年記念公演(脚本、演出は流山児祥さん)として上演される「マクベス」は、どんな展開になるのか楽しみ(^^)。
気合いの入った舞台になるに違いありません。

♪音楽♪にチェロの坂本弘道さんが参加しているのもウレシイ♡
一度ナマで観たかったのです。
グラインダー登場するのかな?

昨日が初日。
今日はマチネのみ。当日券もあったようです。

サイトはこちらです。

パンフレットに、1984年の旗上げから今回まで、全221作品のリストが載っていました。
壮観‼️
最初は年に3〜5本、多い時には年に11本の公演を30年続けてこられたことには感服します。

私が最初に観たのは、1986年の「ラスト・アジア」のような気がします。旗上げから12本目の作品なのか…あれから29年、か…!(◎_◎;)
(ま、私にもそれなりにいろいろありましたけど、ね(^^;;))

2年後(1988年)、「マクベス」初演のようです。演目を見ると、その後、様々な名作を独自の演出で上演してこられたことがわかりますが、新劇の定番「人形の家」や「ガラスの動物園」がどんな舞台になったのか、観たかったような気がしますね…。

パンフレットによれば、今回の公演のコンセプトは、「流山児マクベス」=「アジアのマクベス」とのこと。
ステージを一瞥しただけで、そこがスコットランドではないことはわかります。
ステージの上で、繰り広げられるのは、処刑、暗殺、大量殺戮。
魔女の予言や夫人の教唆に翻弄されるマクベスの運命は、「現代の視点」によって切り取られた悲劇として胸に迫ります。

是非多くの方々に観ていただきたいです。
(公演は8月23日まで。まだまだ間に合いますよ〜‼︎)

戦後70年。今日は8月15日。
今年を境に、「戦後」が「戦前」になりませんように。




ビーチ🏄ではビール🍺飲めない鎌倉の浜

あ・つ・い〜〜❗️

2年ぶりくらいの鎌倉です。
f:id:rimikito:20150811164215j:image
まず、裏駅へ…(地元では西口を裏駅と言うのです。)

炎天下。
みんな海へ行くのかな〜⁇
改札を出ると、まず目に入った看板。
f:id:rimikito:20150811163751j:image
海の家ではビール🍻売ってないのかなあ⁇

人影まばらな由比ヶ浜銀座通りで、まず軽くランチ。この通りに飲食店が少ないのは、昔も今も変わらない。

若宮大路を海岸まで歩き、由比ヶ浜海浜公園の小高い丘から海岸を一望。

ハンパない暑さ❗️これ以上はムリ‼️
とてもビールどころじゃありません。
(町中の方が少しは日蔭もあるので、却って涼しく感じます。)

海の写真は余りに暑すぎて、撮るの忘れちゃったー(^^;;

江ノ電和田塚駅横を通って御成通りに入り、卒業した中学校がまだ存続していることを確認し、西口へ。

25年間住んでいたので、土地勘はあるつもりだったのですが、若宮大路だけでも大変貌していましたね〜。
警察署が移転していたり、小学生の時に合唱コンクールでお邪魔した鎌倉女学院の校舎がリニューアルしていたり…全然知らない町になっていました。

ゆっくり歩いて駅まで来たら、誘惑に勝てず…こちらで一杯🍺。。
f:id:rimikito:20150811163454j:image
「腸詰屋」さんはハム、ソーセージのお店。
美味しそうです。
湘南ビールアルト。パン付きフランクをお供に。
f:id:rimikito:20150811163537j:image
実は待望の夏休みに入ってからも、元気はそこそこ。
昨夜は夕食も取れず、ビールもなし。
先週末にヨガで痛めたのか、左肩が痛すぎて…。
今朝、鍼灸院で治療していただき、だいぶ良くなりました(^o^)/

そろそろ夕方。小町通りの人混みは苦手。
このまま帰りましょ。。

今日行けなかった美術館は次回にね。。

「ルンタ」@シアターイメージフォーラム

非暴力による抗議というには、余りに衝撃的で痛ましい現実。

チベットに自由を‼️
この映画のチラシには、「2008年、北京オリンピックを目前に控えチベット全土で平和的デモが発生すると、中国当局は容赦ない弾圧を加え、ラサだけでも、200名を超えるチベット人が命を奪われた(亡命政府発表)。」とある。

この頃から、中国政府に対する抗議行動としてチベットで起きている焼身。
十代、二十代の若者や僧侶達が、ガソリンをかぶり、我が身に火を放つ。
数年前、Twitterにリンクされた画像を目にしたことがあり、言葉を失った。

この映画のサイトです。
タイトルの『ルンタ』とは、「風の馬」という意味とのこと。

この映画は、インド、ダラムサラチベットの支援組織であるNGO「ルンタプロジェクト」を立ち上げ、追い詰められたチベット人の避難所である「ルンタハウス」を営む原一博さんへのインタビューを通して、チベットの現状を伝えるもの。

原一博さんのBlogはこちらです。

中原さんが訪ねるのは、ダラムサラやアムドの人々が祈りを捧げる僧院や、デモの現場。
自由と自治を力ずくで奪われ、苛酷な拷問を受け、追い詰められた果てに、遺書を書き残して焼身に至る若者たちのナマの姿がスクリーンに映し出される時、現世に絶望し、自ら苦しみ、切羽詰まった来世への渇仰を見る。

1990年代に2度、チベットを旅したことがある。その時の強烈な印象は、今も胸に焼き付いている。天空の」と形容されるかの地は、陽射しが強く、空気の薄いところで、厳しい自然条件下で普通に生活している人々の笑顔が今も印象に残っている。原色に彩られた密教寺院は、圧倒的な存在感があり、飲み込まれそうなほどの迫力を持つものであった。

その時から約20年を経て、大きな悲しみを伴って観た映像。このように無惨な出来事が一刻も早くなくなりますように。祈らずにはいられない。



ビール🍺と上手くつき合う方法

夏のみならず、
'No Beer,No Life 'を自他共に認める私でございます。
今日は、あるお店の6周年で、美味しくいただき幸せ♡

しかし、ビール🍺と末長く、仲良くつき合う方法を、(こう見えても)真剣に考えています。

平たく言えば、先般の人間ドックで指摘されるまでもなく、飲み過ぎ〜‼︎ということ。
(ザンネンながら、もうビアガーデンで一気飲みは無理だってことです❗️)

往生際が悪いですが、数日しかない夏休み中は大目に見ていただきたい…m(_ _)m

1.箱買いしない
2.家飲みは控え目に(原則小瓶1本/日までに…)
3.外飲みの翌日は飲まない
4.外飲みはこのBlogに報告する
5.カレンダーに外飲みの日と休肝日を記録する

この5原則でどうでしょう❓




酢たまねぎ

猛暑日や☀️一体いつまで続くやら…

10日ぶりの休日。太陽の強烈さに打ちのめされてお外に出られない…>_<…

寝具を全部洗濯したら、あっという間に乾いてくれて、気持ち良〜く夕刻まで昼寝(= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ。
惰眠を貪るシアワセ💕はクセになりそうです。

やっと夕方外に出る気になり、立ち寄った本屋さんで選んだ3冊はこれ❗️
f:id:rimikito:20150806234841j:image
まず右から、『浜内式 野菜で夜ごはんダイエット』
この休みには、ボロボロになっている体調を整えたいと切実に思っています。医食同源と言うまでもなく、睡眠と並んで重要な食事。
このところ、早出残業が続き、作る暇がなく、お惣菜に頼りがちで…。お弁当のおかずは冷凍食品の肉類や揚げものが多くなり、どうしても野菜不足になりがち(^^;;

先月受けた人間ドックの結果からみても、夕食を野菜中心のメニューにしないとかなりマズイので、このレシピ本を参考にして、休み中にいろいろ作ってみようと思います。

次に『酢たまねぎ体に効くレシピ90』
ドロドロ血液には、どうやらたまねぎが効くらしいとの情報を得て、りんご酢の酢たまねぎを作ってみました。
f:id:rimikito:20150806230334j:image
中くらいの大きさのたまねぎ1個を薄く切って、塩を少しまぶし、たまねぎが浸るくらいの酢を入れて、ハチミツを加えるだけ。加熱の手間が要らないので、ピクルスよりずっと簡単。数日後には食べられるようです。

酢たまねぎは、1日50gずつ毎日摂るのが良いらしいですが、この本には、酢の物や炒め物の材料として使ったり、味噌汁に入れるなどのレシピがあり、取り入れやすいです。オリーブオイルを加えたりして、サラダのドレッシングにアレンジするのも簡単にできそうです。
 
この本の中で、藤田紘一郎先生は、腸内細菌の生態系である腸内フローラ(善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランス)を整えるのに酢たまねぎは最適であると説いておられます。また、発酵性食品を多く摂ると腸内細菌が増えるので、同様の効果が得られるようです。酢だけでなく、納豆、ぬか漬け、味噌なども積極的に摂りましょうね〜。
次回は色がきれいな紫タマネギでも作ってみたいなあ。

もう一冊買ってきたダ・ヴィンチ」7月号
この度芥川賞を受賞された又吉直樹さんの特集号。このところ小説を読む暇が全然なかった( ; _ ; )/~~~
受賞作『火花』も是非読みたいですね(^^)