読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PEKOのひとり飲み

身辺雑記。心に移りゆくよしなしごとを飲みながら書いています。

グルテンフリーのビール🍺

♪戦いすんで日が暮れて〜10日間我ながらよく頑張った‼️

自分で自分をほめてあげようっと💛

六本木のBREWDOGで祝杯*(^o^)/*🍺

f:id:rimikito:20150805183139j:image今日のお店、すいてます。f:id:rimikito:20150805182543j:image

オーダーしたのは、Vagabond Pale Ale 。このビール、度数は4.5%。グルテンフリーですって‼︎

お味はスッキリ。

サラダ食べて、もう1杯だけ飲んで帰ろうね〜。

明日から待望の夏休みヽ(;▽;)ノ

外は連日の猛暑☀️
しばらく音信不通にして引きこもりましょうか。。

カキ氷🍧まだまだ遠い夏休み

今年の夏の忙しさには涙が出てしまう( ;  ; )このBlogも泣き言ばっかりです。

この炎天下に10日間休みなしはツラいーー❗️
昨日までは3泊4日のカンヅメ。
今日から3日間は通いですが、冷房効きすぎのお部屋で毎日慣れないことを…。
朝の超満員電車の時点からぐったりです。
(明日は各停🚃で行こう!)

1日終わって、あ〜疲れたあ〜。。
帰り道で、氷いちごミルク🍧。。
f:id:rimikito:20150803174157j:image
隣でソフトクリーム売ってたけど、コレステロールの元?と思って氷にしました。
どっちも一緒⁇

子供の頃、丸い氷を挟んでハンドルを回すカキ氷マシーンが我が家にあって、毎日作って食べてました。
昭和の子供の夏休みのおやつはスイカと氷。アイスは贅沢品でしたね〜(^^;;





あゝ。。人間ドック(≠🐕)

今日は飲まず食わずで人間ドック。
毎年夏の恒例。とりあえず無事終了です(^^)/

ここ2年間は妙に順調だったのですが、今回は絶対にそうはいかないだろうと予想していました。

案の定、身体は正直。だいぶ疲れが出ています。

原因は不規則な食事と睡眠不足と精神的ストレスでしょう。(そんなことは言われなくてもわかっています。ここまで早出残業が続くとね。)

かつて入院したことのある総合病院の検診センターでは、眼底以外はすべて当日に結果を知らせてもらえます。要精検の場合は、帰りに検査の予約ができるので、すぐに次の手が打てます。職場に休暇を申請する都合があるので、これは助かりますね。

今回は経過観察。今年中に再検査、ですが、採血すれば良いので、ある意味ホッとしました。来年には27年ぶりに胃カメラのススメも…。その時に完治していればいいけどね〜〜(^^)

大豆(納豆がいいらしい)と青魚(DHA&EPA)が決め手のコレステロール値は、自力でクリアして見せますよ(^^;;

ビール🍺と仲良く付き合うには、どうするか。それが問題だ〜!?(・_・;?

大山式・・・続編です

ボディメイクパッド使用開始から5日経過。
朝の歩き出しから帰宅するまでしっかり着用していると、確かに足指の開きが良くなりました。足指が広がり、横アーチを確立できると良いのですが…。

左足はほとんど痛みも違和感もなくなったのですが、以前からトラブルの多い右足の親指の付け根にはマメが出来て…つぶれた(>_<)。(写真は載せませんが。。)

歩くとすねがつる感じ。普段から膝の曲がりが悪くなり、筋力の落ちた右脚の方が顕著。

血流が良くなり、脚の冷えに効いている感じがするのは大助かり。

マメが治るまで使用は一時中断します。

大山式ボディメイクパッドプレミアム

三連休明けは容赦ない激務。
脚の痛みと五十肩が辛い。鍼やヨガは続けていますが、なかなか治らない(>_<)。、

曰く、溺れる者は藁をもつかむ。
「藁」とはこれ。
f:id:rimikito:20150721222832j:image
鍼灸院の帰りにハンズビーで見つけ、「騙されたと思って」購入。

「つけるだけ歩くだけで骨盤美脚!」とあり、効能は、偏平足、首・肩・腰の疲れ、膝の負担、股関節の補正、足裏のバランス向上、とある。

但し、最初の一週間は特定の指や足指の股や内腿、膝、お尻、腰に違和感や痛みが生じ、それを乗り越えなくてはならないらしい。

昨日から使用開始。

使用法は、大きい輪に親指を、小さい輪に薬指を通し、小さな突起を人差し指と中指の間に差し込みます。(足の人差し指って、どういうこと⁇)

使ってみると、結構刺激が強く、昨日と今日では痛む部位が違う。かなり足が刺激されます。

毎日使うことで効果が得られるとあるので、しばらくつづけてみます。

近いうちに続編書きますね(^^)

ヘレン・シャルフベック−魂のまなざし@東京藝術大学大学美術館

フィンランドの画家、ヘレン・シャルフベック(1862-1946)の回顧展を観てきました。
f:id:rimikito:20150720100757j:image
NHK Eテレの「新日曜美術館」で紹介されていて、必ず観ようと前売り券を買っておきました。会期は来週末までです。

しばらくぶりの上野公園。道路は舗装されて、動物園の手前には大きなスタバの建物が…。(何故スタバなのか?という気がしないでもないですが。)
f:id:rimikito:20150719203127j:image
国立博物館の手前を左折…すると、これまた上島珈琲店の大きな建物が。
f:id:rimikito:20150720100055j:image
よく見ると、「東京国立博物館黒田記念館別館」と書かれた小さな看板があり、この建物は博物館の一部だと判明。
しばらく来ない間に、喫茶店が充実しましたね(^^)やっぱりたまには来ないとね。。

コインロッカーに荷物を預け、520円で音声ガイドを借り、展示室に入ります。有料ですが、この音声ガイドの解説はよくできていて、制作当時の作者の状況や、美術史における位置づけなどが、素人にもわかりやすいです。必ず借りるようにしています。

この展示は、シャルフベックの人生と作品との関係が明確で、彼女の人生上の紆余曲折がその時期の作品にストレートに反映されていることが、はっきり見てとれる配置になっています。逆境にあっても辛さと向き合い、いかなる時も描き続けた一途さが、多くの人の共感を呼ぶのでしょう。

公式サイトはこちらです。

図録によると、シャルフベックは3歳の時に階段から落ちて左腰に傷を負い、一生杖が手離せなくなってしまったため、小学校に通えず、家庭教師から教育を受けた。家庭教師に素描の才能を見出され、11歳という異例の若さでフィンランド芸術協会の素描学校に入学。在学中の4年間に何度も優秀賞を受賞し、父親を結核で喪うも、奨学金を得てパリへ。リアリズムの技法を学び、人物を多く描いた。
そして、イギリス人芸術家と出会い婚約。しかしこの婚約は1通の手紙によって一方的に破棄されてしまう。
この時の傷心を遊牧民の女の苦悩に重ね合わせて描いたと言われる「ロマの女」。

シャルフベックは40枚ほどの自画像を残しているそうですが、それが今回の展示の見所の一つになっていて、技法や色彩のみならず、自己認識(自己イメージ)と表現との関連という視点から眺めるといろいろ考えさせられます。

ポスターになっているのは1915年の「黒い背景の自画像」。50歳を過ぎ、画家人生の頂点とも言われるこの作品を、シャルフベックは自分の墓石と見なし、当時恋した19歳年下のエイナル・ロイターへの手紙の中にそのことを書き記しました。この絵の背景上部には、彼女の名前がかすれた文字で書かれています。
やがてロイターは別の女性と婚約。この時の落胆と傷心の深さがその頃描いた作品には顕著に見られます。
ロイターの肖像画は、輪郭がぼやけ、目は洞穴のよう。一方、暗緑色の「未完成の自画像」は、顔面の半分が削られ、唇だけが赤い。
シャルフベックは、この時の苦しい思いを、ロイターに何度か書き送っているそうです。2人は結婚することはありませんでしたが、彼は生涯にわたって友人でありつづけたそうです。

1946 年にこの世を去る直前の2年間、シャルフベックは、ホテルの一室で静物画ばかり描きました。死の直前まで絵筆を手放さず、最後まで画家として生ききった人生。
今回展示された作品から、シャルフベックの才能と描くことに対する情熱に心打たれました。恋愛には不遇でしたが、世界大戦の時代を画家として全うできたことは幸せでしたね。






















Hitachino Brewing Lab.@万世橋のたもと

本日11:00、梅雨明けの発表☀️夏だーー(^o^)/
海や山ではなく、やってきたのは秋葉原
大変貌を遂げたこの街。電気街の公用語は中国語になっちゃったのか?

今日のお目当ては万世橋に出来た常陸野ネストビール🍺直営店。
かつて交通博物館があった万世橋へ一度でたどり着けなかったのはショック(^^;;
f:id:rimikito:20150719174950j:image
お店の入り口のタンクに、心が騒ぎます。

万世橋を背に、まずは、アマリロセッションエール。希少ホップ、アマリロを使ったセッションエールです。柑橘系の爽やかなお味がgood!!お供はマカロニポテトサラダ。
f:id:rimikito:20150719174800j:image
もう一杯飲もうか…と、一応迷ってから次のグラスはニッポニア。グラスを裏返して撮影してみました。
f:id:rimikito:20150719182911j:image
このビールは、日本で開発されたビール麦の原種「金子ゴールデン」と、日本で育種したホップ「ソラチエース」とで醸造した、純正ニッポンのビール。度数ちょっと高めですが、苦味より甘みが後に残るせいか、重い感じはありません。

そういえば、「ニッポニアニッポン」という天然記念物の朱鷺(トキ)がいたことを思い出しました。

日本のクラフトビールも、バラエティーが豊富でなかなか飲みきれない(^^;;)

来週の日曜日は人間ドックの前日のため、禁酒デーになるので、来週の分まで飲みたい気分です。

もうすぐ日没。久々に見た夕焼けキレイ♡
f:id:rimikito:20150719190507j:image