PEKOのひとり飲み

身辺雑記。心に移りゆくよしなしごとを飲みながら書いています。

UKULELE MY L♡VE

芸術の秋です。
本日は年に1度のウクレレ教室の発表会でした。
体調不良で何年もご無沙汰していたのですが、今日は久々にステージに立ちました。
まさに、参加することに意義がある‼︎

今年は体調だけは万全。出番は早々に終わったので、あとは皆さんの演奏と、先生のバンドの模範演奏を堪能しました。

気がつくと、ウクレレを初めて早10年。
永遠のビギナーの地位は不動ですが、細く長く、時に激しく…この楽器とはつきあいたいー。
京都の占部さんのウクレレ。ウラレレと呼ばれていたりもします。
f:id:rimikito:20131110221854j:plain
京都のウクレレビルダー、占部英明さんの作品。美しいでしょう?
ネックの○△□の象嵌。ボディーの黄色は友禅の染料の色。もちろん音色も美しいんです♪

ウクレレを始めて間もなく、偶然立ち寄った、駿河台下の楽器屋さんで一目惚れ。
弾けもしないのに、清水の舞台から飛び降りたつもりで買ってしまったー。

そして、翌年占部さんの工房へ。
ドキドキしながら、怖い人だったらどうしよう…と思いつつもお電話すると、見学を受け入れて下さり、
制作の現場を見せていただきました。
http://www.urabe-strings.com/index.html
占部さんはクラシックギターの制作から楽器制作に入られ、寺院、仏像の修復などもなさった方です。

恐る恐るお訪ねすると、気さくな感じの方でした。制作の工程を見せて下さっただけでなく、京都の見所も教えて下さった。
その時、この楽器を、絶対弾けるようになりたいと心に強く思ったのですが…。
うーん。ローマは1日にして成らず。。

そもそも、ウクレレを始めるきっかけになったのは、肝機能障害で初入院を経験し、絶不調から脱した頃、少し身体を動かそうと、ネット検索で見つけたヨガ教室が、実はウクレレ教室を中心に行っている所だったという偶然によります。

高校時代にギターで挫折。そこから数えて四半世紀。
まさか再び弦楽器を弾こうとは。。

最初の発表会では'Amazing Grace'を弾きましたが、ものすごく緊張しました。

あれから10年経ち、笑ってごまかす術だけは身についたかもー。
でも、当たり前ですが練習した分だけしか弾けるようになりません。

身体の一部になるくらい愛し抜かなきゃ♡

充実した1日の終わりに、京都秀山街道麦酒ヴァイツェン。
天領庵さんの押し寿司と一緒にいただきましょう。

f:id:rimikito:20131110231736j:plain


特別お題「芸術の秋」ブリヂストン美術館「カイユボット展」キャンペーン!> http://htn.to/ceAmRp