PEKOのひとり飲み

身辺雑記。心に移りゆくよしなしごとを飲みながら書いています。

レコ発ライブ@APIA40

FUKUSHIMA

遠藤ミチロウさんの10年ぶりのCD"FUKUSHIMA"&入院中に執筆された詩集『膠原病院ー KO GEN BYO IN」

発売記念ライブに行ってきました。チケットはSold out 

f:id:rimikito:20150430005535j:image

開場時刻を10分位繰り上げて入場。何とか座れましたが、立見も出ていました。

オープニングはうつみようこさんの弾き語り。ご本人は、「すごく緊張している」と話しておられましたが、パワフルなナツメロ(?)メドレー。

♪十九の春♪(誰の歌でしたっけ?)と、シーナ&ロケッツの♪You may dream♪が可愛いくて♡

しばし休憩の後、The Doorsの♪The End♪にのってミチロウさん登場。

今回は新作CDからの曲をソロで3曲演奏。4年前の東日本大震災以後に作られた曲なので、基調にあるのは、破壊された故郷への悲痛な想いと怒り。もちろん、ミチロウさん独特のユーモアやアイロニーが盛られているのではありますが。じっくり聴きたい曲です。

その後、山本久土さんと♪新・新相馬盆唄♪。そこにクハラカズユキさんが加わり、プライズMJQ登場‼️

1年ぶりなのだそうです。

まず、♪虫♪

「…お前なんて知らな〜い‼︎…虫になったらよろしく‼︎」カタルシス度120%の名曲。

客席も絶叫‼︎

叫ぶとスッキリするんだ…( ´ ▽ ` )ノ

テンポの早い曲ばかり続いて、ちょっとお疲れだったようですが、ミチロウさんだいぶお元気になられましたね( ^ ^ )/

ラストの♪先天的労働者♪には、不意に30年位昔の記憶がよみがえってしまい…。世の中がこんな風になるなんて、思いもしなかった頃のこと。

ふと耳にしたある曲が、遠い記憶を呼び起こす、音楽ってそういう効果もありますね。

アンコールは♪ワルシャワの幻想♪のパロディー。題して♪三陸の幻想♪。お腹が空いちゃうコミカルな歌詞なのがちょっと救いでした。

次回も楽しみにしています(^^)